歯ぎしりの種類と不快な音がする歯ぎしりとは

health_174

歯ぎしりとは、就寝中に歯と歯を擦り合わせる症状で、本人には自覚症状がないこと多いです。

歯ぎしりは一緒に寝ている人に迷惑になるだけでなく、歯に大きな負担がかかるので、そのまま放置しておくのは危険です。

そこで歯ぎしりの原因治療法についてご紹介します。

歯ぎしりの種類と不快な音がする歯ぎしりとは

7519999

歯ぎしりとは、主に就寝中に歯と歯を擦り合わせる症状で、寝ているため本人には自覚症状がないことがほとんどです。

歯ぎしりをさせると、不快な音がしますから、本人が気付かなくても近くで寝ている家族などが指摘して気が付くケースが多いです。

歯ぎしりといっても種類がいくつかあり、上の歯と下の歯を断続的に擦り合わせるものと、噛み締めるような音をさせるものなどがあります。

特に不快な音をさせるのは、この噛み締めるタイプの歯ぎしりであり、寝ている間中歯を噛み締めているわけですから、不快な音が長く続いているのが特徴です。

歯ぎしりをしやすい人は日常的にストレスを抱えている人や、元々歯並びが悪くて噛み合わせに異常がある場合などに発生しやすいです。

 

就寝中にマウスピースを装着して歯を保護しましょう

まず歯ぎしりを指摘された場合は、仕事などでストレスを抱えていないか振り返ってみることが大事です。

そして、現実的な対処法として、マウスピースを装着して歯を保護するという方法もあります。

歯ぎしりとは、毎日自覚症状がなく行っているものなので、自分でやめようとしても難しいです。

そのため、歯科医院などでマウスピースを作ってもらい、就寝中に装着すれば、歯と歯を擦り合わせたり、噛み締めたりする状態を防ぐことが可能です。

 

歯ぎしりは放置せずに治療することが大切

歯ぎしりを毎日していると、段々歯がすり減っていって歯の噛み合せが悪くなります。

また、朝起きた時に頭痛がすることもあります。

ですから、自覚症状がなくても家族に指摘された方は、自分がどんな不快な音をさせているかを家族に聞いた上で、歯科医院などで診てもらうことが大切です。

歯ぎしりの原因にストレスが挙げられますので、日々の生活状況を見直してみることも大事です。

歯ぎしりは、適切に対処することによって症状がなくなることもありますので、まずは自分の状態を知ることが重要です。

歯ぎしりの原因となるストレスや歯並びを解消する

4888642

歯ぎしりは一緒に寝ている人に迷惑になるだけでなく、歯に大きな負担がかかるのでそのまま放置しておくのは危険です。

とはいえ、寝ている時には無意識ですから、いきなり改善することは難しいといえます。

そこで何が原因で歯ぎしりをしているのかを突き止めて、根本から解決していくのが最良です。

 

知らず知らずに溜まったストレスが歯ぎしりの原因に

何も問題がないように思えるときに考えられるのがストレスです。

仕事の重圧やプライベートの人間関係、生活苦など現代社会では、どこへ行ってもストレスを与えられる状況です。

ストレスはどんどんと蓄積されていき、発散する事ができないので、意識がない就寝時に発散されるのです。

ストレスが溜まっているということを自覚したならば、友人とカラオケに行ったり、スポーツをしたりして心の平穏を取り戻すようにしましょう。

どうしても、心の余裕を持つことが出来ないというのであれば、心療内科を受診して胸の内をさらけ出して見るというのも一つの方法です。

 

歯並びの悪さやアルコール・タバコが原因になることも

歯並びの悪さが原因で歯ぎしりを引き起こすことがあります。

歯並びが良ければ、すべての歯が噛み合って力が分散されます。

しかし、歯並びが悪いと噛み合っている歯だけに力がかかります。

それにより歯が壊れたり欠けたりしてしまう可能性があります。

歯並びは年を重ねるごとに、食事の習慣や加齢により変化します。

定期的に歯科医院でチェックしてもらうとよいでしょう。

それから、アルコール・タバコの習慣がある人も注意しましょう。

アルコール・タバコを飲んだり吸ったりすると、歯ぎしりを引き起こしやすくなるとされています。

飲酒・喫煙には依存性がありますが、健康のことを考えると、禁酒・禁煙をしておくほうがよいでしょう。

 

歯ぎしりの原因が逆流性食道炎の可能性もあります

知らず知らずのうちになっている病気が原因の場合もあります。

どのような病気かというと逆流性食道炎です。

胃酸が食道のほうへと逆流することで、炎症が起きてしまい、最悪の場合には食道がんになってしまいます。

胃酸の働きで口が酸性になるので、歯ぎしりをして中和しようとするのです。

速やかに医者にも見てもらい治療をしていくことです。

歯ぎしりで起こる歯へのダメージや顎へのダメージは?そのほかの症状はあるの?

5346903

どうしようもないイライラや怒りから、おもわず音が出るほど歯ぎしりをしてしまったことがある人もいるのではないでしょうか。

歯ぎしりは、直接歯が強い力でこすれ合うため歯へのダメージは非常に大きく、また顎へのダメージも同時に発生します。

イライラした時に歯ぎしりをしてしまう人は、できるだけ深呼吸して意識的に歯をかみしないようにすることで歯へのダメージや顎へのダメージを減少させましょう。

 

就寝時の歯ぎしりはダメージが蓄積される

一方、寝ているときに歯ぎしりを知らないうちにしているという人もいます。

寝ている時であっても歯がこすれ合うわけですから、知らないうちに歯が摩耗してしまいます。

そのため、冷たいものがしみて困るというような症状が出てくる場合もあります。

また、その他のダメージとしては、やはり強く顎を使うことから頭や肩などの筋肉が凝ってしまい、頭痛を起こすという事も言われています。

つらい症状をほとんど感じないという場合であっても、歯へのダメージが蓄積されると、歯並びや嚙み合わせが変化してしまい、最終的には頭痛などの症状があらわれるという事もあります。

できる限り定期的に、歯科医院で歯のチェックをすることがお勧めです。

 

子どもでも歯ぎしりをする場合があるため歯医者での定期チェックが大切

また、イライラからくる歯ぎしりは、ストレスのたまっている大人だけ・・・と思われがちです。

しかし、実は子供でも歯ぎしりをする子はいます。

その他のダメージを訴えることが少ないので、大人は分かりにくい部分もあります。

そのため、歯医者さんから指摘され始めて気が付くという場合もあります。

子どものころの歯は、柔らかいという事もあり、寝ている時に歯ぎしりをすると、乳歯が削れてしまうという事があります。

ナイトガードといったマウスピースを作ってもらえますので、小児歯科で相談をしてみましょう。

ナイトガードの素材によっては、使っているうちに穴が開いてしまうという事もあります。

定期健診時にナイトガードも一緒に持っていき、毎回チェックしてもらうとよいでしょう。

特に子供の成長というのは早いので、口腔内のチェックも頻繁に行うことが重要です。

歯ぎしりの対処法として矯正やマウスピース以外にも

1496411

歯ぎしりが酷いという悩みを抱えている人は多いでしょう。対処法はいくつかあげることが出来ます。

まずは、マウスピースを利用する方法です。歯科医院で型をとってもらい、定期的に変えていくと効果が高いとされています。

マウスピースは、作ったら毎日寝ている間につけます。

少し面倒かもしれませんが、本格的に歯の矯正をするよりは、楽ですし、費用も高くはありません。

歯の矯正は、より本格的に歯ぎしりを直したい人にはよいとされています。

噛みあわせが良くなることで、良くなるケースがあるとされています。

しかし、本格的に矯正をするのは費用もかかり、期間も長くなりやすいです。

 

薬・サプリメントの使用も効果がある

他の対処法としては、薬・サプリメントを使うのも、効果があるとされています。

その場合は、リラックス効果のあるものがよいとされています。

歯ぎしりは、多くの場合、ストレスが原因のことが多いです。

薬・サプリメントを上手に使い、リラックスすることは無駄ではないと考えられます。

 

ストレス過多な状態を改善すれば体全体に良い効果が

マッサージもよいとされています。

現在は、顔ヨガなどもあり、すぐに高い効果が出なくとも、少しずつ顎の歪みを直すのに、効果があるとされています。

また、本格的な生活改善に着手するのもよいとされています。

歯ぎしりのもとになりがちな、ストレス過多な状態を直せば、体全体に良いわけです。

たかが歯ぎしりと侮れません。

寝ている間に何トンもの力をかけてしまうので、ずっと直さないでいると、歯が割れてしまうケースもあります。

睡眠中は自分でコントロール出来ませんから、根本的な生活のストレスの元を考えてみる価値はあります。

悩みが歯ぎしりなら歯へのダメージや頭痛・こめかみの痛みを考え治療する

ƒvƒŠƒ“ƒg

寝ているときに自分がどんな状態になっているのかは分からないものです。

とても寝相が悪いとか、いびきが激しいといったことは、誰かに指摘されて初めて気づくものなのかもしれません。

歯ぎしりも同じで、誰かに指摘されることによって気づく場合があります。

歯ぎしりが酷ければどんな影響が出てくるのでしょうか。

 

本人の歯のダメージや頭痛だけでなく、パートナーの睡眠障害も引き起
こす

毎晩歯ぎしりをしていれば、歯へのダメージだけではなく、頭痛・こめかみの痛みまで発生してしまうこともあります。

昼間に頭痛・こめかみの痛みが酷くてつらいとなれば、歯ぎしりが原因になっている可能性も考えてみなくてはなりません。

一人で寝ている場合は、本人がつらいだけです。

しかし、パートナーと一緒に寝ているのであれば、パートナーにも悪影響を与えてしまうことになります。

あまりの大きな音にパートナーの睡眠障害を引き起こしてしまうことがあるからです。

パートナーの睡眠障害を引き起こしてしまえば体調不良の原因を作ることになります。

治療をして改善するまでは、別の部屋で寝るようにするなどの対策が必要になります。

 

旅行や出張が憂鬱になってしまうこと

普段の生活の中では対策を行っていたとしても、旅行・出張が心配になります。

一緒に行く人にも迷惑をかけてしまうことになり、旅行や出張が憂鬱になってしまうことでしょう。

歯ぎしりを治療するには、歯科に行きマウスピースを作ってもらうことで対策をしていくことが出来ます。

その他にも原因となるのが、ストレスによるものです。

ストレスが溜まってきたり悩みがある時は、無意識に歯ぎしりをしていることもあります。

悩みの種になっていることを解消していくことで、自然と治っていくこともあります。

自分自身で出来る対策として、思い当たることがないかを探ってみるといいでしょう。

 

歯ぎしりサプリメント