歯ぎしりの原因は胃酸が上がってくる逆流性食道炎かも

9691813

知らず知らずのうちにしている歯ぎしりにお困りの方も少なくないでしょう。

最近になって、逆流性食道炎が歯ぎしりの原因の一つであると言われるようになっています。

逆流性食道炎がどのように歯ぎしりを起こすのかそのメカニズム症状についてご紹介します。

歯ぎしりの原因は胃酸が上がってくる逆流性食道炎かも

2972623

寝ている時によく発生する歯ぎしりは、珍しい現象ではありません。

その原因はストレス飲酒喫煙などと言われていますが、最近になって逆流性食道炎の影響が指摘されてきました。

 

逆流性食道炎が歯ぎしりを起こすメカニズム

逆流性食道炎とは、胃酸が食道を逆流することによって、胸やけやゲップ、口の中の苦みといった症状が起こる病気です。

暴飲暴食や加齢によって胃の入り口部分の閉まりが弱くなり、体を横にした時に逆流しやすいのです。

就寝時にはどうしても体を横にしてしまうので、眠っている間に逆流が起きてしまいます。

そうすると、口の中が胃酸によって酸性に傾き、苦みや気持ち悪さを感じます。

酸性を中性に戻すには唾液の分泌を促す必要があるので、口を動かしたり、歯ぎしりをして唾液腺を刺激するのではないかと言われています。

 

逆流性食道炎を治療することで歯ぎしりが軽減した例も

歯ぎしりが気になる患者さんに、逆流性食道炎の治療をすることによって軽減される例が報告されています。

横になる前に逆流性食道炎の酸性を中性に戻す作用のある薬を飲んでおくと、苦みの原因である胃酸が中和されます。

そのため、歯ぎしりをする必要も少なくなると推測されています。

歯ぎしりで強く噛みしめていると朝起きた時にあごの疲労を感じたり、熟睡を妨げてしまうこともあります。

 

歯ぎしりは歯を痛めたり起床時でも疲労感が残る

また、何度も歯と歯をこすり合わせることによって歯の表面が削られてしまい、エナメル質の層が薄くなってしまうこともあります。

知覚過敏になりやすかったり、胃酸の影響もあって口の中が酸性に傾きがちな時などは歯の再石灰化も期待できません。

そのため、歯全体が弱くなってしまうことも予想されます。

歯ぎしりの原因は一つとは限らないので、胃薬を飲む、マウスピースをはめて寝るなど、専門家に相談してみましょう。

自分ではなかなか気づきにくいことですが、家族に指摘される、朝起きた時にあごがだるい、疲れている、最近胃の調子がよくない、など思い当たることがあれば要注意です。

無意識にやっている歯ぎしりや日中の食いしばり癖はストレスが原因

2189628

人にはいろんな癖があります。

それぞれに原因が考えられ改善することによって、嫌ながなおせるようになります。

癖は、ストレスから表れることもあります。

実際に歯ぎしりをする人は、日常的に何らかの不満や悩み事を抱えていると言われます。

ストレスが日常生活に及ぼす影響として歯ぎしりが問題によくあげられます。

それ以外に無意識にやっている日中の食いしばりも含まれます。

 

歯ぎしりと日中の食いしばりが顎関節症の原因になることも

歯ぎしり日中の食いしばりも、顎関節症等の深刻な病気の原因になり注意が必要です。

実際に、これらの癖は顎関節症を抱える人たちのよくない癖にあげられています。

医療機関では顎関節症の治療に、患者さんたちへ歯ぎしりと日中の食いしばりを直すように指導しています。

ところが無意識にやっている歯ぎしりや、日中の食いしばりはなかなか簡単に直すことができないと聞きます。

病院で行う顎関節症の治療は、歯ぎしりと食いしばりを直すことを目指し本人の心がけとマウスピースを使う方法で改善を図ります。

 

自分なりのストレス発散方法を見つけましょう

現在、私たちの日常はストレスを感じずにはいられないような生活となっています。

仕事が忙しく残業をする日が続くだけでなく、家に帰ってまで仕事に追われる日常を過ごしています。

自分の時間を持つことができず、ストレスを発散する場所がないと訴えている人が少なくはありません。

ストレスを解消していくことは現代人の課題です。

自分なりの発散法を見つけ出し、ストレスが溜まらないように過ごしていくのが大事でしょう。

病気の原因のほとんどは、自身でつくってるケースが多いため心がけ次第で解決していけるでしょう。

歯ぎしりの原因となり得るアルコールとタバコに含まれるニコチンの影響

10762367

歯を強く噛み合わせる歯ぎしりは、アルコールの摂取やタバコに含まれるニコチンが原因になるといわれています。

これらの原因が歯ぎしりに結び付くメカニズム自体は、完全に解明されていません。

しかし、医学的には影響があると考えられているのが一般的です。

アルコールと歯ぎしりの関連性は、お酒を飲んでから睡眠に入ると、症状が発生しやすい点から認められています。

ただ、アルコールを摂れば必ず症状が出るというものではなく、あくまでも発症率が上昇したり、引き金となるに過ぎません。

しかし、影響があるのは本当ですから、なるべくアルコールの摂取は適度に留め、控えめに嗜むのがポイントといえます。

 

タバコの場合はニコチンの影響が考えられる

一方のタバコもまた、歯ぎしりを引き起こすだけの十分な影響力があることが分かっています。

タバコの場合は、成分に含まれるニコチンの影響によって、歯ぎしりの原因になると考えられるでしょう。

ニコチンも勿論、お酒と同様に原因となり得る一因に過ぎませんが、こちらも節度を持って楽しむことが大切です。

適度なお酒や、休憩の合間のタバコは、体や心理状態に対しプラスに作用して、ストレスの発散に繋がる可能性があります。

ところが、ストレスの解消をニコチン等に任せ、その依存度が高くなれば、逆に他のストレス発散方法が分からなくなり、結果的に不安感やイライラ感の増大に至りやすくなります。

 

一時的に摂取を控え変化を観察して関連性を特定するとよい

生活における不安や深刻な悩みがある時は、身近な人に相談したり、専門家にアドバイスを求めることが必要です。

一人で何らかの問題を抱え込み、お酒や喫煙で紛らわせるのは、特に悪循環に入りやすくなる切っ掛けとなります。

仮に心の状態に問題がなく、嗜好品が楽しめているとしても、歯ぎしりが発生する場合があるので、因果関係に注意する必要があります。

もし症状が現れた場合は、一時的に摂取を控え、変化を観察して関連性を特定すると良いでしょう。

症状が進行すれば、反対にストレス源となってしまったり、健康的にも良くない状態になり得るので、早めに改善する必要があります。

ツライ歯ぎしりに!歯ぎしりサプリ総合ランキング

▼歯ぎしりサポートサプリを選びたいなら♪▼歯ぎしりサプリ>>歯ぎしりサポートサプリの詳細情報はこちらから確認できます!<<