歯ぎしりの原因は環境の変化などのストレスにあり?

20873610

歯ぎしりは、顎や歯に大きな負担をかけますし、本人だけでなく一緒に寝ている人にも睡眠不足などの悪影響を与えてしまいます。

このようにやっかいな歯ぎしりですが、その原因はどのようなものがあるのでしょうか。

気になる歯ぎしりの原因について、ご紹介します。

歯ぎしりの原因は環境の変化などのストレスにあり?

1126840

特に意識していないのに歯ぎしりをしてしまう人は意外に多いようです。

歯ぎしりをすると虫歯になりやすくなったり、歯がすり減るなどの問題を引き起こします。

しかし、それを止めたいのにやってしまう人は、その原因を知った上で止めるための対処をしないといけません。

実は、その原因の1つに心理ストレスがあると言われています。

ここでは、ストレスが歯ぎしりを引き起こす原因・メカニズムや、それを止めるためのストレスの解消行動、対処方法について説明します。

 

原因・メカニズムについて

例えば、引っ越しや転職、入学、転校などで環境の変化があったとします。

それにより心理的な負荷がかかります。

それにうまく対処して解消できればよいのですが、環境の変化による心理的圧迫については対処が難しくストレスを溜め込みがちです。

新しい環境に順応するためには、その環境に自分を合わせる必要があることが一因にあります。

そのような心理ストレスを抱え込んだ状態になると、就寝中に歯ぎしり食いしばりをしてしまいます。

寝ている間にそうしてしまうため、自分の意志でやめるのが難しいのが難点です。

 

ストレスの解消行動、対処方法について

前述のとおり、環境の変化による心理的負荷の量は、自分だけではコントロールが難しいかと思います。

その場合、自分なりにそれを解消するための行動をするしかありません。

例えば自分がリラックスできる空間や時間を作ったり、適度な睡眠を心がける等です。

自己の努力だけではストレスを解消しづらい場合は、病院に行って専門家に相談してみることをお勧めします。

歯科診療所に行くと、マウスピースを使った治療やかみ合わせの矯正が行われます。

ただし、歯ぎしりは必ずしもストレスのみで引き起こされるものではありません。

別の病気が原因の場合もあるので、それに心当たりがなければ病院に相談するとよいでしょう。

 

歯ぎしりの原因になりやすい歯並びや噛み合わせの問題

ƒvƒŠƒ“ƒg

歯ぎしりの問題は顎や歯に大きな負担をかけるので、この問題に対処をしておくことは大事です。

歯ぎしりの原因は、一般的にストレスである場合が多いです。

しかし、ストレス以外の原因もあります。

その一つに、歯並び噛み合わせの問題です。

人間の歯は均等に力がかかるようになっていますが、歯並びや噛み合わせが悪いとそのバランスが崩れます。

バランスが崩れると特定の歯に大きな負担がかかるため、それが原因で歯ぎしりが発生することがあります。

このような問題は歯医者で調べてもらわないとわからないので、問題を感じる場合は一度相談をしてみるとよいでしょう。

 

治療中の歯を放置してまい噛むバランスが崩れる

また、他の原因としては、治療中の歯を放置することによっても起こります。

治療中の歯を放置すると噛む時のバランスがおかしくなるので、特定の歯の負担が大きくなってしまいます。

そうなれば歯ぎしりが発生をすることになりますから、適切な対応をしなければいけません。

歯並びや噛み合わせは歯の状態によって変わりやすいため、以前問題がなかったからといって安心するのはよくないです。

もしかすると歯の状態が今は悪くなっていて、それが理由で歯ぎしりが発生している可能性もあるので注意が必要です。

 

歯医者で歯のバランスや状態をチェックしてもらいましょう

歯ぎしりを解決したい時は歯医者に行って、歯のバランスがおかしくなっていないか調べてもらうといいです。

歯ぎしりの問題は歯をすり減らすなどのトラブルを起こしやすく、放置をしておくと歯が使えなくなることもあります。

更に顎への負担も大きくありますから、このような問題を感じた時は早めに対応をした方がいいです。

この症状はストレスが理由で発生することもありますが、歯の状態によって症状が起こることも多いです。

歯に異常を感じているならば歯医者を受診したほうがいいでしょう。