睡眠の質を落とす歯ぎしりの治療は生活改善から始めよう

10395338

毎日、きちんと睡眠をとっているにも関わらず、スッキリと朝起きれない、疲れが取れないという方もいらっしゃるでしょう。

その原因はもしかすると、就寝中の歯ぎしりかもしれません。

様々な悪い影響を体に与えてしまう歯ぎしりについて、その症状と改善方法について調べましたのでご参考にしてください。

睡眠の質を落とす歯ぎしりの治療は生活改善から始めよう

11761905

毎日、きちんと睡眠をとっているにもかかわらず、なかなかすっきりと起きる事が難しかったり、一日の仕事や勉強に集中できない人は多いです。

また、睡眠中の呼吸の状態や、姿勢が影響して、身体の色々な場所に痛みが走ったり、肩こりが酷くなるなどの症状もあります。

これらの症状を解消する為に、睡眠の質を上げる必要があります。

 

寝ている時の歯ぎしりが睡眠の質を下げてしまう

例えば、寝ている時に歯ぎしりをする人がいます。

歯ぎしりの原因は、歯のかみ合わせが悪かったり、歯並びが悪い等があります。

また、普段の生活の中でストレスを多く抱えている人も、歯ぎしりをよくするという症状が見られます。

歯ぎしりの改善方法としては、歯並びが原因の場合は、治療をスタートさせる事が重要です。

歯並びなどは歯医者へ通いながら、専門的な治療が必要になります。

ストレスを緩和する生活改善は、自分で管理していく分野になります。

 

ストレスになる環境を排除してワクワクすることをしてみる

ストレスによりとてつもない力で、歯をこすり合わせてしまう人は、普段の生活の見直しが必要です。

まずは、自分のストレスになる環境を排除しましょう。

そして、できるだけリラックスできる時間を、増やしていく事が重要です。

趣味の時間を充実させたり、仕事中も意識してリフレッシュすることで、働き続ける事によるストレスを軽減できます。

改善方法は人によって違いますが、自分がワクワクするような事をしていくことが大切です。

日常のストレスを緩和させる事で、自分の癖や歯ぎしりの症状が軽減されます。

歯ぎしりを毎日続けると、睡眠の質が落ちますし、生活にも支障をきたします。

歯ぎしりは睡眠中の事なので自分では分かりにくいです。

しかし、家族や周囲の人に指摘される人は、自分の睡眠の質が落ちている事を理解し、改善方法をしっかりと見つける必要があるでしょう。

 

歯ぎしりの治療は生活改善を、節酒・禁煙でカフェインの量を減らすことが大事

11987769

 

職場の慰安旅行などで、同僚の歯ぎしりに悩まされたことはありませんか。

夜、気持ちよく寝ようと思ったら、ものすごい轟音で朝まで眠れなかったというのでは楽しい旅行も台無しですね。

そんな歯ぎしりですが、当の本人は気付いていないことがあります。

歯ぎしりの一般的な原因は、ストレス疲れなどと言われます。

放置しておくと、歯がすり減ったり、割れたりして治療に時間がかかることが予想されます。

また、顎関節に負担が掛かり、口を開けにくくなるという症状が出てくるケースもあります。

睡眠も浅いものになり、疲れが取れにくくなる症状もあります。

 

ストレスを減らし節酒と禁煙が改善の近道

歯ぎしりの治療方法は、生活改善が一番の近道です。

まずは、ストレスを少なくする生活を心掛けましょう。

完全にストレスを無くすのは不可能ですから、上手く付き合うようにしましょう。

夜、お風呂はリラックスしてゆっくり入浴することもおすすめです。

お酒はちょっとならリラックス効果があるので、節酒を心掛けてください。

深酒は眠りの質を低くするので良くありません。

煙草は百害あって一利なりです。血行も悪くなり、歯ぎしりが止まらなくなるので禁煙しましょう。

コーヒーなどのカフェインもありリラックス効果がありますが、カフェインの量を減らすことが大事です。

就寝前は避けて深い質の良い睡眠をしましょう。

 

ナイトガードという歯を守るマウスピースを使用する

このように生活改善をしつつ、歯ぎしりで歯を傷めないようにナイトガードを就寝時に使用することも考えましょう。

ナイトガードはマウスピースともいい、歯の型を取り、オーダーメイドで作ります。

就寝時に噛みしめてしまっても、ナイトガードが上下の歯が直接当たることを防いでくれます。

これは非常に効果がありますが、人によっては嗚咽感が出る人もいるので注意が必要です。

たかが歯ぎしりと言っても、全身の健康にかかってきます。

歯が割れてしまうと、最悪の場合は抜歯になることもあるため、対策しましょう。